公務員男性が突然家を出た妻と離婚について争った事案

ご相談初回相談日
2010年12月

終結日
2012年6月

依頼者の性別・年代・職業
20代男性 公務員

相手方の年代・職業
20代女性 会社員

別居の有無
有り

子の有無
有り(別居時は胎児)

主な争点
離婚原因の有無

解決までの期間
1年半

ご相談にいらしたきっかけ

結婚して同居後1箇月で妻が実家に帰ってしまった。妻は妊娠していた。夫は妻との面会を求めたが、妻は会おうとせず、妻の実父も会わせようとしない。このような状況で妻が離婚を求めてきた。

弁護士の関与

妻は妊娠がわかってから間もなく、家出をしたため、夫としては自分の子であるか否かを知るために、親子関係不存在確認の調停を申立てると同時に、離婚調停を申立てた。DNA鑑定の結果、夫の子であることが判明した。離婚調停は不調となったため、離婚訴訟を提起し、妻に対し慰謝料100万円を請求した。

解決結果

妻側から反訴があり、夫の性癖に問題があったことが判明した。妻も高額な慰謝料を請求したが、いずれも証拠がないとして棄却された。結局、離婚は認められ、子の親権と相当額の養育費が妻に認められた。

解決のポイント

妻による突然の家出であったため、夫には別居の理由が全くわからなかった。話合いが長引くにつれ、双方感情的になり、当事者同士での解決はもはや不可能な状況であった。このような場合、弁護士の介入による、理性的な話し合いによって解決することがある。

20代の最新記事

サラリーマンの最新記事

男性の最新記事

初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

当事務所の新着解決事例&トピックス

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP