ダブル不倫で慰謝料の請求を受けた事案

ご相談初回相談日
2014年12月

終結日
2015年12月

依頼者の性別・年代・職業
20代男性 会社員

相手方の年代・職業
20代男性 会社員

主な争点
ダブル不倫の解決方法

解決までの期間
1年

ご相談にいらしたきっかけ

勤務先の既婚女性と4回ほど性的関係をもったところ、女性の夫から400万円の慰謝料裁判を起こされた。

弁護士の関与

性的関係を示す証拠が複数あったため、関係を認めた上で慰謝料の減額を主張したところ、200万円の判決が確定した。もっとも、男性も既婚者であったため、その妻と男性が共同原告となって妻側から慰謝料200万円を男性側から求償権100万円を既婚女性に対し請求する裁判を起こした。

解決結果

既婚女性と男性らとの間で150万円の和解が成立した。

解決のポイント

ダブル不倫の場合、不倫に気付いた方が慰謝料を請求してくるが、この場合まず配偶者の協力が得られるかを検討する(なかなか難しいと思うが・・・)。協力が得られればこちらの配偶者から不倫相手に対し慰謝料を請求すれば、「相殺」ということになる。もっとも、協力が得られたとしても、相手が「どうぞ勝手に請求しろ。私には関係ない」と言われてしまうと、「相殺」はできなくなる。本件はこのケース。だから、裁判を二つやって、結局痛み分けということになった。

20代の最新記事

サラリーマンの最新記事

男性の最新記事

初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

当事務所の新着解決事例&トピックス

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP