看護師の女性が自営業男性に対して婚約破棄の慰謝料請求・認知・養育費請求を行った事案

ご相談初回相談日
2012年6月

終結日
2012年10月

依頼者の性別・年代・職業
30代女性 看護師

相手方の年代・職業
50代男性 自営業

別居の有無
有り

子の有無
有り(胎児)

主な争点
婚約破棄の慰謝料請求・認知・養育費請求

解決までの期間

4カ月

ご相談にいらしたきっかけ

妻子ある男性から、「今の妻と離婚するから結婚しよう」と言われ、交際していたところ、妊娠した。ところが、男性に妊娠した旨告げると、「妻と別れられない」と言われ、別れ話を切り出された。

 

弁護士の関与

男性に対し、婚約破棄に基づく慰謝料200万円を請求し、併せて、生まれた子供の認知と子供が20歳になるまでの養育費月10万円を請求した。

 

解決結果

裁判を行う前に、男性と交渉した結果、慰謝料200万円、認知、20歳になるまで養育費10万円で合意した。

 

解決のポイント

裁判を予告した上で、依頼者の要望を請求をしたところ、男性側は支払を全面的に認めた。公正証書も作成したため、万が一、男性が支払を怠った場合は、強制執行ができる旨の合意も取った。

女性の最新記事

初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

当事務所の新着解決事例&トピックス

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP