慰謝料判決を根拠に子の親権、養育費、慰謝料150万円を獲得した事例

解決事例

初回相談日 2007年11月
終結日 2009年3月
依頼者の性別・年代・職業 30代女性 専業主婦
相手方の年代・職業 30代男性 会社員
別居の有無 有り
子の有無 有り(小学生 一人)
主な争点 不貞の有無
解決までの期間 慰謝料裁判2件含め1年半

ご相談にいらしたきっかけ

夫が会社の同僚と不貞関係にあるようだが、証拠がない。また、他の女性とも関係を持っている様子であった。妻は真相を解明した上で、場合によっては離婚を検討したいとのことであった。

弁護士の関与

夫のパスモ履歴を調査し、夫の退社時間と照合した。また、携帯電話のメール削除履歴を復元させ、不貞相手の女性とのやりとりを証拠として、女性に対し慰謝料請求の訴えを提起した。

解決結果

裁判では慰謝料250万円の支払命令が下された。その後、夫に対し離婚裁判を提起し、慰謝料判決を根拠に、子の親権、養育費、慰謝料150万円という内容で和解した。

解決のポイント

不貞裁判で勝訴するためには、証拠が不可欠であり、証拠の内容も問われることになるので、裁判前に証拠を収集する必要がある。どのような証拠が集められるかは弁護士の経験と推理による。本件では、不貞相手の女性が事実を否認したため、高裁まで争ったが、証拠が決め手となり、全面勝訴した。また、同判決を基に、離婚裁判も有利に運ぶことができた。

 

サラリーマンの最新記事

主婦の最新記事

女性の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

当事務所の新着解決事例&トピックス

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP