ダブル不倫など双方に原因があった場合

ご相談いわゆる「ダブル不倫」の場合どうなるの?

たとえば、あなたの配偶者が不倫をした場合、あなたは配偶者とその不倫相手に対して慰謝料請求をすることができます。

でも、あなたが不倫相手に慰謝料を請求しても、相手の配偶者があなたの配偶者に慰謝料請求をしてくる場合があります。

そうすると、夫婦の家計は通常同一(お財布は一つ)ですから、相手から慰謝料を取っても、自分の配偶者が同じ額の慰謝料を払わなければならないことがあります。これでは時間と労力の無駄になってしまいます。

もっとも、その例外はあり、たとえば、相手が自分の配偶者に不倫したことを打ち明けておらず、これからも知られたくないような場合は、相手に対して慰謝料を請求しても、報復としての慰謝料請求をされないこともあります。
この見極めが難しい場合は、慰謝料請求の専門家である弁護士にご相談をしていただき、アドバイスを受けた上で慰謝料請求をするか否かをご判断されることが望ましいと言えます。

もし、ダブル不倫などのように双方に原因がある場合でお悩みになられているようでしたら、まずは弁護士にご相談されることをお勧め致します。

初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

当事務所の新着解決事例&トピックス

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP