不倫・不貞・浮気の慰謝料請求 

isharyo

上記に思い当たる方は、当事務所の弁護士が早期解決のお手伝いが可能です。一度ご相談ください。

初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

 

配偶者が不倫をした場合、その配偶者に慰謝料請求をできるのはもちろん、不倫相手に対しても慰謝料請求をすることができます

例えば、

夫が会社内の女性と社内不倫をしたような場合や、

妻が元同級生の男性と不倫をしたような場合、

不倫をされた配偶者は、社内の女性、元同級生の男性に対して慰謝料請求をすることができます。

 

慰謝料請求の相場

当事務所の強みは、あなたが獲得できる慰謝料を正確に言い当てら代表弁護士 高宮隆吉れることです。

100万円なのか、

150万円なのか、はたまた

250万円やそれ以上も請求できるのか、

あなたの状況をお伺いすれば、結論をお伝えできると思います。これは、ひとえに多くの事件を扱ってきた結果です。まずは一度ご連絡ください。

 

不倫・不貞の慰謝料請求の落とし穴

慰謝料額は、不倫の期間、子の有無、離婚の有無等様々な状況により個別に決定されますが、裁判ではおおむね150万円から250万円くらいが多いです。

 

ただし、ここで注意をしなければならない点があります。

それは、不倫相手(愛人)が不倫をした夫から

「自分は結婚していない」と偽られていた場合や

「妻とは事実上離婚していて別居中である」と偽られていたような場合で、

不倫相手がこれを真実と誤信していたような場合には、慰謝料請求が認められないことがあります。

 

また、立証の問題もあります。

裁判では、不倫をされた配偶者側が不倫の事実を立証しなければならないので、メールやホテルの領収書、探偵事務所の作成した報告書などをこちらが提出しなければなりません。

よくあるのがメールですが、夫や妻が不倫相手と頻繁にメールをしていて、内容も男女関係を推認させるようなものがあれば、立証は容易ですが、単に

「食事に行こう」とか

「どこかに出かけよう」

という内容のメールだけでは不倫が立証できない場合もあります。

なので、裁判を起こす前にどれだけの証拠をそろえることができるか、あるいは、手持ちの証拠で勝訴することができるかを十分に吟味しておく必要があります。もっとも、どの程度の証拠があれば勝てるかというこはなかなか分かりづらいので、専門家である弁護士にご相談ください。

 

 

このような背景からも、当事務所は渚探偵事務所様が強力にタッグを組んGK探偵事務所様で、有力な証拠・交渉材料の取得を進めていきます。手持ちの証拠で不倫・不貞の慰謝料請求を進めることができるか、ご不安な場合も必要に応じて、渚探偵事務所様のサポートで証拠を補強していきます。

渚探偵事務所様とのインタビューはこちら

 

戦略的不倫・不貞の慰謝料請求

さらに、戦略として

配偶者を先に訴えるか

不倫相手を先に訴えるか、又は

二人まとめて訴えるか

など、選択肢があり、それによって、誰から慰謝料を先にとるかが決まるので、その点もよく検討する必要があります。例えば、不倫した夫を先に訴えて相当な慰謝料を支払わせた後では、不倫相手からさらに慰謝料をとることができなくなる場合もあるのです。

 

確実に慰謝料請求を行なって成立させていくためにも、まずは弁護士に相談して的確なアドバイスを受けることをお勧めします。


初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

当事務所の新着解決事例&トピックス

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP