慰謝料とは

ご相談「浮気をした夫やその相手に慰謝料を請求したい」
「夫からひどい暴力を受けた」
「家族を見捨てて出て行った夫に慰謝料を請求したい」

など、慰謝料について多くのご相談をいただいております。

慰謝料とは、あなたが何らかの事情で「精神的苦痛」を受けたことに対する損害賠償金です。

ただし、どんな事情でも慰謝料が認められるわけではありません。
慰謝料が認められるためには、相手方の行為が違法でなければなりません。
慰謝料が認められる違法行為の例としては、浮気や暴力です。
性格の不一致や価値観の違いは、どちらが悪いというわけではないので慰謝料請求できない場合がほとんどです。

慰謝料が認められるケース

・不倫や浮気
・暴力行為
・生活費を渡さないなどして配偶者としての義務を果たしていない

慰謝料が認められないケース

・相手方に離婚の原因がない
・お互いに離婚原因の責任がある
・価値観の違いなど、離婚原因に違法性がない

問題は慰謝料がどのくらい請求できるかということですが
これについては客観的に明確な基準があるわけではありません。
裁判に持ち込まれた事例で決められた金額を基に金額を探っていくことになります。

算定に考慮される要素しては、
・離婚原因となった違法行為の責任の程度
・精神的苦痛の程度
・社会的地位や支払い能力
・請求者の経済的自立能力
・請求者側の責任の有無や程度
といったものが挙げられます。

裁判所で認められる慰謝料は多くても300万円程度です。
気持ちとしては、1000万円位請求したくても裁判所はなかなか認めてくれないことが多いです。

あなたのケースでどのくらいの慰謝料が請求できるのか適正な慰謝料を受け取るためにも、弁護士にご相談されることをお勧めします。


初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

当事務所の新着解決事例&トピックス

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP