協議離婚

ご相談

「離婚を考えているが、どのようなことを取り決める必要があるかわからない」

「養育費や慰謝料を決めたいが相場がわからない」

「配偶者に対してどのように切り出したらよいかわからない」

 

など、夫婦で話し合うものの、何をどのように話合ってよいのかわからないという方がほとんどです。また離婚することを、「近所に知られたくない」「会社に知られたく無い」と思われる方が多いのではないでしょうか。

離婚問題の解決は協議離婚→調停離婚→裁判離婚の順序で進んでいきます。協議離婚とは「話し合いで解決する離婚」です。夫婦の合意があれば離婚ができます。実際に日本では離婚の90%以上がこの協議離婚の方法で行われています。

「話合いなら弁護士に頼まなくても出来る!」確かに弁護士が介入しなくてもスムーズに離婚の話し合いが完結する方もいらっしゃいます。
しかし、早く離婚を成立させてしまいたいばかりに、養育費や慰謝料、子供との面会等についての取り決めをきちんとしないまま離婚してしまうケースが多々あります。

この点、協議離婚段階において弁護士が介入することによって
・不利な離婚条件を鵜呑みにしなくてよくなる
・離婚協議書を作成することによって後々のトラブルを未然に防止することが出来る
・当人同士で難航していた話し合いを打開することが出来る

そして何より、本人同士で話し合う必要が無く弁護士が代理人として進めることが出来ることができます。

 

協議の後に調停、裁判と進むことになるにしろ、早い段階から弁護士に相談することによって早期解決や納得解決の可能性が高まります。

当事務所には離婚問題の専門化がおりますので、是非一度当事務所にご相談ください。


初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

当事務所の新着解決事例&トピックス

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP