結婚の約束を急に破られた・結婚の約束をした人が浮気をした(婚約破棄)

婚約破棄

ご相談結婚に向けて話をしていたのに急に別れを切り出されたという場合、その相手に対して何も言えないか、というと答えはNO。
いわゆる婚約破棄というのも慰謝料を請求する根拠になります。
もっとも、交際をしていたけれども別れた、ということだけでは慰謝料は発生しませんので、どういった場合であれば、慰謝料請求ができるかを知っておく必要があります。
慰謝料が発生する要素としては、交際期間、婚約指輪の有無、プロポーズの有無、双方の家族・職場への紹介、結婚式の準備、破棄の理由などを総合的に考えて、慰謝料を算定します。

そのため、相手から別れたいといわれたときに、感情的になってメールを消してしまうと、後々困ることになってしまいますので、ご注意ください。

 

婚約者の浮気

浮気と聞くと、夫または妻が他の人と関係を持ったというイメージを持たれるかもしれません。
では、夫または妻、つまり結婚をしていないと、慰謝料が請求できないか、というと、答えはNO。
結婚をする前であっても、婚約も含めて法的保護に値するほどの関係になっている場合には、慰謝料を請求できます。

結婚の有無にかかわらず、男女問題でお困りの方は、一度弁護士へご相談下さい。
湘南LAGOONが男女間の法律的な問題とあなたのお気持ちの整理のために、適切なアドバイスを致します。

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP