夫による暴力や経済的DVの事案

ご相談初回相談日
2010年3月

終結日
2010年10月

依頼者の性別・年代・職業
30代女性 専業主婦

相手方の年代・職業
40代男性 会社役員

別居の有無
有り

子の有無
有り(中学生と小学生 二人)

主な争点
財産分与

解決までの期間
7か月

ご相談にいらしたきっかけ

夫による暴力や経済的DVの事案。夫は高収入でありながら、妻へ生活費をほとんど渡さず、時に暴力を振っていたため、妻や子供達は夫を怖れて生活していた。そのような生活が長期間継続したため、妻は精神疾患を患い、肉体的にも不調をきたしていた。

弁護士の関与

弊所では、夫の財産調査を行い、妻に別居計画を提案した。調査の結果、夫に株式売却による数千万円の預金があることが発覚したため、同預金を仮に差押え、夫による引落しができないようにした。また、別居日に弁護士から内容証明を送付し、妻への連絡を遮断した。さらに、離婚及び婚姻費用分担調停を申立て、財産分与と慰謝料を請求した。

解決結果

調停では、妻に数千万円の財産分与と100万円の慰謝料が認められ、二人の子の親権も認められた。また、夫が滞納していた婚姻費用も調停申立時の分から支払われた。

解決のポイント

相談内容から、夫に高額な貯蓄があることが推測されたため、調停前にその調査を行い、発見した貯蓄を隠匿・費消されないため即座に仮差押を申立てた。そのため調停の段階では夫の反論はほとんどなく、極めて短期間で調停が終結した。また、DVの可能性もあったため、妻や子らの安全を確保するため、引越と同時に弁護士が介入し、安全な環境を確保した。

中年の最新記事

主婦の最新記事

女性の最新記事

初回相談 30分 3,000円 法律相談のご予約はお電話で 0466-905-931

当事務所の新着解決事例&トピックス

あなたに最適な離婚サポートは?

PAGE TOP